コーヒーの効果

コーヒーの効果・効能について

嗜好品として飲まれることが多いコーヒーですが、「ただ好きで飲んでいる」という場合や「眠気覚ましのために飲んでいる」という程度ではないでしょうか?また、体に悪いから控えている人も多いのではないでしょうか?是非ともそんな人達に読んでもらいたい記事です。

ダイエット効果

コーヒーがダイエットに効果的とされるのは、“カフェイン”と
“クロロゲン酸”です。飲用することで血中の脂肪酸濃度が上昇し
脂肪を燃焼しやすくなるのです。

アンチエイジング

“抗酸化作用”はアンチエイジングに最適とされています。
コーヒーには抗酸化物質が多く含まれ、吸収率も高く
高い抗酸化作用を期待できます。

リラックス効果

コーヒーの香りを嗅ぐと私たちの脳にアルファ波が生じ
リラックス効果があることが分かっています。

脳の活性化

脳を使って思考したり情報処理をしている際に
コーヒーの香り、アルファ波により脳の電位が高くなり
脳の働きが活性化していることが分かりました。

二日酔い防止

二日酔いの頭痛は主に“アセトアルデヒド”であり、この時役に立つのがカフェインです。拡張された血管を収縮させ、利尿作用により体外に排出を促します。

うつ病の予防

コーヒーを飲む人はそうでない人に比べうつ病の発症率が
低くなっていることが判明しました。原因としては
抗酸化物質によるものではないかと言われています。

消化促進

コーヒーは胃壁を刺激して消化液の分泌を促すため
食後に珈琲を飲むと消化を促進してくれるのです。
食べ過ぎた時などには特におすすめです。

覚醒作用

カフェインは“中枢神経”を興奮させ、眠気を抑制してくれる
いわゆる覚醒効果があります。

Top